厨房設計の3原則

厨房とは、宿泊、商談、社交、供食、または休養の場などで、調理機器および貯蔵設備を用い、
機能的かつ衛生的に調理作業を行って、飲食物の提供設備を有する作業空間です。
従って、厨房を設計する上では、以下の3原則があります。

<原則1>安全で衛生的
     保健所指導、HACCP、大量調理マニュアルなどを元に、安全で衛生的な厨房であること。
     厨房設計を打ち合わせをする際、床、、排水、壁、換気については見逃しがちなので注意すること。

<原則2>作業能率
     作業スペ-スを確保し、作業動線を考慮して、機器を選定し配置すること。

<原則3>経済性
     熱源(電化厨房、ガス厨房など)を選定し、イニシャルルコストだけでなく、
     ランニングコスト、メンテナンス体制を考慮すること。

約30年に一度の厨房設計です。
安かろう悪かろうに陥らないように注意してください。